プラスチック高精度・精密金型|株式会社猩々テクノ

ミクロンの世界  0.001mm

プラスチック超精密金型

ものづくりの原点「金型」。カメラ光学機器の複雑な構造と動きのある金型を専門につくり続けてきたので、高精度、高耐久、コストダウンにつながる金型をつくることができます。

金型のお困りごと、解決いたします 

ねじや筒物の高精度部品でお困りの方が増えています。当社はカメラ分野で培った設計力と技術力があるので
金型のお困りごとを解決することができます。以下の3つの事例についてご紹介いたします。

部品数を減らす

複数の金属部品をプラスチック化することで一体化、部品数を削減することができます。

提案項目

  • 組立工数の削減

  • ​小型化・軽量化

二次加工を無くす

内スライドや回転抜きができるので、二次加工を無くしコストや手間を削減することができます。

提案項目

  • 内径溝、ネジを1回の射出成形で完結

修正回数を削減する

金型へ±2ミクロンの高精度加工を行うことができるので、修正回数が多い仕事も解決することができます。

提案項目

  • 修正回数の削減

  • ​成形品の品質向上

    特徴    

FEATURE

株式会社猩々テクノは昭和35年に機械メーカーとして創業しました。現在は機械設計のノウハウをもとにプラスチック射出成形用の高精度で超精密な金型の設計・製造を専門に行っています。主に光学カメラの本体、ズーム部の複雑な動きのある機構を持つ金型製造で技術と知恵を磨いてきました。

 

ミクロンの世界0.001mmを追求する超精密な金型製造技術は、設計・部品・工程などトータルなコストダウンを図りながら、高硬度の金型材を使用することで長寿命化も実現しています。

 

その技術は今では光学分野にとどまらず、自動車・産業機器・航空宇宙機器・医療機器・スーパーエンプラ使用分野まで応用分野を広げ、お客様にご利用いただいています。

3つの特徴

猩々テクノの金型は「超精密」「動き」「耐久性」の3つの特徴があるので、製品メーカー・成形メーカー様から高い評価をいただいています。

超精密

 

多くの機構部品で要求される高い寸法精度に応えるため、加工精度、寸法測定、品質保証など多くのノウハウを蓄積しているので、1stトライから合格までの期間を短くすることができます。

動き
 

カメラの鏡筒部分の金型を数多く手がけてきた実績があるので、動きのある製品ノウハウが豊富です。例えば滑らかに回転しながら動くズームレンズユニットでは、多くの金型機構を独自開発してきました。

耐久性

 

射出成形時の高熱と高圧に耐えるため、焼き入れ材を使用しているのでガラス繊維強化樹脂の大量ショットにおいても安定した精度を保持します。現場での高い評価から多様な生産分野に広がりを見せています。

    実績    

PERFORMAMCE RECORDS

創業から56年カメラ光学機器の精密金型を中心に多くの実績を積んでまいりました。

    お知らせ    

NEWS & TOPICS

株式会社nittohのグループ企業です。

猩々テクノは、高精度を要求されるレンズ・光学機器背増の分野で国際的に評価の高いnittohグループの一員です。

足立ブランド認定企業です。

足立ブランドとは、東京都足立区が区内の産業の中から特に優れた製品・技術を有する企業を認定し全国にPR、区内産業の発展を目指すために平成19年度から開始された事業です。

足立ブランド
猩々テクノ

東京都足立区江北6-7-7

Tel. 03-3856-0505

©SHOUJOH TECHNO Corporation. All Rights Reserved.