• shoujohtechno

二次処理のタップ作業が不要になりました。

20年ぶりに連絡を頂いた精密機構部品の成形メーカー様から、成形品のねじがむしれて困っていると相談がありました。


置き駒式でねじを製作する金型で、ねじの置き駒を抜き取ると製品のねじがむしれてしまい、タップを通して二次加工を行わないと使用できないとのことでした。


お客様からねじの置き駒だけを作り入れ替えて欲しいという依頼を頂き、製作しました。


当社で製作した置き駒を使用することでむしれが無くなり二次処理のタップ作業が不要になり喜んで頂きました。


置き駒は消耗品でもあり、その後もリピート注文して頂いています。



ねじ駒

猩々テクノ

東京都足立区江北6-7-7

Tel. 03-3856-0505

©SHOUJOH TECHNO Corporation. All Rights Reserved.